2008年09月14日

仰天ニュース! ネズミで?食糧難解決!

今日はびっくりのニュースを読んだよ。
なんと、インドで食糧難解決のために政府が「ネズミを食べようキャンペーン」をはじめるって話。
おおー
なんか読むと非常に合理的にも感じるけど
伝染病とかの原因にもなるネズミなだけに
へんな病気が蔓延しないことを祈るのみです。



ネズミ食え!食料価格高騰でインド・ビハール州政府が仰天政策 (スポーツ報知)


 食料価格高騰問題が深刻化する中、インド東部ビハール州政府がこのほど、住民にネズミの肉を食べるよう奨励することを検討し始めた。


インドでは、備蓄されている穀物の半数がネズミに食べられてしまうため、備蓄穀物を守る狙いもあるという。

州当局者は「ネズミの肉は健康によい」と説明しており、政府系レストランでネズミ料理を導入する考えだ。

 世界的な食料価格の高騰は、8000万人超の人口を抱えるビハール州でも深刻な問題となっている。その究極の解決法として、州政府は「ネズミを食べよう」と仰天策をぶち上げた。
 ネズミを食べることは、食料問題の解決に、“一石二鳥”の効果があるという。

 インド紙などによると、インドでは倉庫や屋外で備蓄されている穀物の50%はネズミに食べられてしまう。人がネズミを食べることで、ネズミが減り、結果として備蓄穀物も増えるという理屈だ。

州当局者は「備蓄穀物も守られるだけでなく、備蓄穀物への依存度を減らすこともできる」と、価格が高騰する米への依存も緩和できる“ダブル効果”を、自信たっぷりに語った。


 州政府の計画では、政府系レストランでネズミ料理をメニューとして出すだけでなく、5つ星ホテルでもネズミ肉を使うよう働きかけていくという。

州当局者は「ネズミの肉は健康にもよく、安価なたんぱく源だ」と安価な健康食としてもアピールしている。

 同州ではかつて、低カーストの貧困層が、ネズミを捕獲して食用にする習慣があった。

しかし、高カーストの人々が「不潔で食用に適さない」とやめさせた経緯があるという。

 ネズミ肉が食材として定着するには、強い抵抗も予想されるが、州当局者は「ネズミの肉を売れば、貧困層にとって新たな収入源にもなる」と指摘。

「ネズミを食べよう」キャンペーンの実施を真剣に考えている。

 一方、カンボジアでは牛肉の価格高騰などの影響で、安価なネズミ肉の人気が急上昇した。

しかし同国のインフレの加速で、今年に入ってネズミ肉の価格が4倍に跳ね上がってしまい、いまや“高級食材”となっている。

 

[ 2008年9月14日8時00分 ]


記事を最後まで読んで2度ビックリ!


カンボジアでは高級食材・・・

記事を読んでるだけなんで、なんだか現実が見えてこないけど
なんだか北斗の拳のような荒廃した世界です。


日本は吉野家やすき屋でたっぷり栄養取れる現実に感謝ですね。

 
 
 
posted by Daru at 16:10| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

誕生

昨日、姪が誕生しました。


母子共に元気でなにより。


一族が増えてまた賑やかになりそうです。


ちょうど娘とはひとつ違いなので、いとこ同士仲良くなれそう。


娘もまだまだ赤ちゃんだなと思っていたけど

8ヶ月の今と、生まれたばかりの姪とはサイズがかなり違いますね。


毎日見てるとなんとなくしか分からないけど
こういう機会があると、娘の成長を感じますね。



最近は、ハイハイの練習をさせなきゃと思って
腹ばいにさせると、何が不満なのかしきりに文句をいいます。


ソファーにつかまり立ちさせてやると
非常にごきげん!


うーん
ハイハイしないで歩いてしまいそうな勢い・・・
posted by Daru at 09:54| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。