2009年11月29日

いよいよタイトルマッチ 亀田VS内藤

ついに今夜ですね。

亀田VS内藤


世間の下馬評は内藤有利です。

そして、人気も内藤です。



亀田は、あの強気、発言、行動
どれをとっても中高年から若年層まで
広く強烈な拒絶反応を引き起こします。


本日、最年少賞金王をかけて戦う
ゴルフの石川選手や、演歌の氷川さんは
フレッシュ&謙虚さ
で、若年層から中高年までの
広くたくさんの人々に指示され
高感度は最高です。

自社に置き換えても
自分を含め、非常に見習うところも多く、
彼らのようなスタッフが多い会社は
必ず躍進するだろう事も分かります。






ただし、格闘技においては!



範馬勇次郎しかり、
礼節や、人間性を無視した

ただ圧倒的な強さ


これを求めてこその格闘技だし

そういうものがカリスマなんでしょう。



世間の目
世間のルール
世間の風評


そういうものに左右され生きる現代社会において
たとえヒールであっても
強さを追求できれば、にっくき奴を倒すヒーローの誕生を
夢見て対戦カードが売れるでしょう。


そういう意味では、
亀田には是非勝ってもらって

さらに、内藤の健闘を称えるような事も無く
傲慢に、非礼節に姿勢を貫いて

国民的ヒールの道を突っ走って欲しいですね。

3階級でも4階級でも6階級でも制覇して
誰にも文句言わせないようなヒールになって欲しいもんです。



とは言え
今回の相手は、内藤

6回連続の防衛王者

世界タイトルを6回も防衛するってのは生半可なことではないですし
年齢、場数、すべてにおいて劣勢の試合に思えます。


先日の弟のタイトルマッチでもそのへんのキャリアにおいて
徹底的なウマサの違いで判定負け。


今回のタイトルマッチでも、内藤のウマサ・手数を吹き飛ばすぐらいの
強さが必要です。


頑張ってください。

posted by Daru at 14:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

twitterはじめました。

遂にtwitter参入

mondaruでガッツの画像です。

フォローよろしく


まぁ、いまいちこの良さが
まだ分からないけど
気楽に続けてみます。
posted by Daru at 10:07| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。