2008年07月21日

勇気あるモノ

ああいう地区であれだけの豪腕を
傷だらけになりながら振るっている
橋本知事は賛否両論あれ
勇気は凄い!


1福祉充実

2福祉を公正に

3福祉を管理する役所の部署

4人件費増大&公費増大

5借金増える

6夕張

7福祉なくなる


上のような連鎖考えずに
福祉!福祉!
って選挙してるやからは
とんでもないっす。

特に福祉は一度作ったら
恩恵を受ける階級が出来るだけ
ものすごく辞めにくくなるってことだし
そういうことを考えずに福祉を充実して
将来的に借金まみれになるとは
なんだか借金返す気がない人々のようです。


もしかしたら、日本はこのままインフレを狙って
借金帳消しを考えてるのかもしれないですが
戦後のように物価が500倍になったりしたら


借金のある人は借金帳消し
貯金のある人は貯金なくなる


努力してかなきゃいけない人は努力しなくてよくなる
努力してきた人は努力が無駄になる


おお
ほんとにモラルハザード起きそうですよ。


そのときの政府の話は
「そうしないと日本の存続が危ぶまれる」
みたいな事を言うのでしょうか?


結果的に外交・政治的に努力して
やむを得ず増えた国債ならいざ知らず
このまま低金利が続くはずもなく
年を追うごとに金利だけでもウン億円という
恐ろしい借金地獄に突入しようというのに
国債を減らそうともせずバンバン切りまくる
ああ、そのうち日本の国債買う人いなくなっちゃうんじゃないかと
自転車操業のようでハラハラしますね。


あれだけ議会でやんや言われても
18億も圧縮した橋下知事の豪腕は
真剣に真面目に大阪の将来を見つめた結果じゃないかと思います。


大阪の子供たちが胸をはって生活できる環境作り
それは、そういう姿をまず大人たちが見せていくこと
それが一番の教育じゃないかとも思います。


どうも教育予算、教育改革と言っても
自分たち大人が変わろうというような動きよりも
決まりや計画、大人のつごうで子供を動かそうとする
そういうなんだかねっとりしたものを感じますが
子供が子供らしく進んで勉学に勤しむ社会を形成するには
大人がそれこそ高い意識を共有して
政治に関心を持つということ
地域社会を引き上げていくということが重要かと思います。



最後に、先日の文章のなかから

四国を訪れて
その維新の志士達の輩出された土壌から
なるほどと思った点

1 みなある程度裕福な環境に育っている

2 本人一人が傑出していたわけではない
  良き両親・良き教師・良き同輩に囲まれていた

3 みな勤勉であった

4 大刀を帯び、心身を鍛えていた


まさに命がけの時代
体を投げ出し
みな30そこそこの若さで日本を動かした志士達の時代
老人や壮年の知では敵わぬ、剣を心と体で振るっていた時代だったんでしょうね。


本当の日本再生は
そういう世代に元気と希望を与えることが
老人や壮年が自分の地位に固執せず
譲り影がら助ける
そういう知あるものが知を授け
剣あるものが前面で剣を振るう
そういう政治・外交が出来ていくことかもしれないですね。


そしてそういう政治や外交の中でこそ
日本の誇り
元気も湧き出てくるのではないかと思います。

posted by Daru at 09:53| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
橋本クンはオレ好きではないね。

やるなら,ある程度の歳出削減とタブーとされている儲ける行政をやって欲しかったね。

民業圧迫?民間に出来ることは民間に?
これからの行政は持ってるもの使って儲けるんだ。
それで税金減らすんだ。
んでもって競争力上げるんだ。
みたいな。

歳出を減らすよりも儲ける方が数倍難しいけど。
大阪はある程度人の流れがあるから,宮崎のように地元産業のために人を呼び込むといっても限界が見えてるからね。
Posted by ワダ at 2008年07月23日 06:38
まぁ、確かにいろいろと
ええ?
みたいな部分や発言も多い人だけど
反発や恐喝に屈せず信念を通そうとする姿は
なかなかのもんですよ。


やっぱり人間
金の甘さ、恐怖の苦味、そういうものを味わうと
なかなか抜け出せなくなるものです


正直、知事一人の力であれだけの赤字を
改善へ持っていくのは難しいだろうけど
ああいう発言や行動で
一般の選挙民が政治を考えるキッカケになり
現状の財政を考え
きちんと票を投じることへ一歩でも近づけば
それだけでも意味のあることに感じます。
Posted by Daru at 2008年07月26日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103284522
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。