2009年03月22日

ETCの種類や工賃などなど

例年は3月って言えば、鬼のように忙しくて昼飯も満足に食えないくらいなのに
今年は、おかげさまで昼飯ゆっくり食えるよ。

なんだかんだでお客さんが車を買うっていうより
車を修理して乗るて人がダントツに多いようで
営業がゆっくりまったり出来てる分
サービスは忙しいようです。

まぁ、先週からお手伝いが2人と来月から新人1名が増えるので
なんとか乗り切れそうっすね。

あ、そうそう
ETCが品切れって騒いでるけど
この間、ETCってどんなもんよ?
って聞かれたのでその説明文をこちらにも。

ETCは大きく3つのタイプに分かれます。


一体型

カード差込本体とETCへの電波発信機が一体となっているため
取り付けはダッシュボードの上にポンと置くだけ
簡単設置で工賃も安いし
本体価格も安い

ダッシュボードの上で邪魔になるだけでなく
ETCを盗むときは車外から簡単に確認できて
用意に盗めるというデメリットも


分離型ブザータイプ

差込本体と発信機が別々に分離されていて
本体は運転席の足元などにとりつけ
発信機はフロントガラス上部に貼り付けるタイプです。

取り付ける本体が足元とかなので
邪魔じゃないし盗まれにくい。

ETCカードが正しく入っていないとプープープーとブザーで返答
また、料金所を通過するときもピッと音がします。



分離型ボイスタイプ

うちで一番でるのがこのタイプです。
料金所を通過するときも、きちんと「料金は○○円です」
と案内したり

「カードが正しく入っていません」
といってくれたり。
とにかく親切。

この分離ボイスタイプで
本体1万取り付け工賃7千円、セットアップ3千円
の全部込みで2万円です。
今は助成金でてるので全部込みで14750円でつけています。


まぁ、ブザータイプや一体型でも数千円しか金額変わらないので
ほとんどの人が分離型のボイスタイプをつける人が多いです。



ってとこでしょうかね。


うーん
それにしてもETC発注かけてても一向に入ってくる様子がなっしん!


困ったもんだね。

posted by Daru at 15:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116048796
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。