2006年02月22日

PROMISE

PROMISE-Visual Book
PROMISE-Visual Book
チェン・カイコー


あらすじ

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

中国の名匠、チェン・カイコー監督が、日本や韓国、香港のスターを結集し、製作した話題作。
美しい映像やワイヤースタントによるアクションとともに、壮大な愛の物語が描かれる。




何不自由ない暮らしを手に入れながらも、真実の愛を探し求める王妃・傾城。

伝説の甲冑を身につけることを許された英雄・光明。
そして、奴隷として生きる男・昆崙。
3人はやがて出会い、それぞれの運命に変化が訪れる。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」




昨日は、いちご狩りとアウトレットショッピングだけでなく
さらに映画まで観てきたので盛りだくさんでした。


さて、以前、映画館の予告にて、バンハーやラストエンペラーのような
壮大な映画なんじゃねーか?



と思わせた「PROMISE」
こちらも嫁さんと嫁さんの友達と3人で見に行ってきましたよ。





ああ、この映画を選択してしまった俺を許して遅れ・・・


開始早々の15分ぐらいで
ああ、これは駄作だろうな・・・と思ってしまいました。


そう、ドンゴンがハイハイで疾走するくだりがあるんですが、すでに失笑ですよ。


いろんな部分がつじつま合わないところもあるし、
ツッコミいれてたらきりが無いので辞めますが
ある意味芸術の中に陶酔する人物が作った物語って感じです。



ただ、スケールのでかさや映像の綺麗さはすごいし
音楽もすごく雄大だし、
やっぱ俳優人の演技もうまかったし
話の内容を除けば相当いい映画とも言えるのかもしれないです。




あああ、これっだけの、キャストと撮影の規模考えたら
もっともっとすごく雄大なお話にできたんじゃねぇの?


俺の中では、シリアスな生々しい戦国史を描いた話かと思ってみてましたが
どうやらロードオブザリングのような、ファンタジー要素を歴史映画の中に
盛り込もうとして失敗したってカンジの映画です。



話の流れや構成そういうストーリー的な部分では相当に低レベルな印象を受けました。
違う人が見れば、神話やなんかのようなすごく奥深いものも感じることができるのかもしれんが
俺には、やっぱり作りこまれた奥深さを感じたかった・・・




感想を一言で言うと

ああ、もったいない。ですね。
posted by Daru at 08:49| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。