2005年03月04日

きみに読む物語






「君読む〜」観てきました。
この前見た「ネバーランド」でも大感動しちゃったけど
今回もやっぱりやられました・・・・
なんか最近メチャメチャ涙腺弱くなってるわ・・・
昔はここまで涙腺弱くなかったろ・・・
でもすごくいい映画だったよ。
今、思い出してもチョットじんとくる映画でした。
映像や人物の表情、心に触れるものでした。

やっぱり年配の役者さんの演技ってのはかなり深みあって
俺は大好き♪
ストレイトストーリーや恋愛小説家とか滲み出る感情を
言葉でなく、表情やちょっとしたしぐさで伝えられる
すごい演技達者な人が多いと思う。

映画や本を味わうときは、あちらの世界にバーチャルで飛んでかないと
本当の意味で満喫できないと思う。
なんだか冷静に観ちゃってると面白さかなり半減っすからね。
見終わった後、しばらくボーっとして向こうから帰ってこれないくらい
没頭して観ていこう♪
posted by Daru at 10:16| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『きみに読む物語』
Excerpt: ■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-03-04 22:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。