2005年04月14日

ミルコとヒョードル 橋本VS三沢

めっきり格闘技ブログ化してきていますが
ここでやっぱり、映画の話なんかもしておきますか!

今年の夏に上映が迫っている「スターウォーズ エピソード3」
ダーズベイダーがフォースのダークサイドに落ちていく様子が
描かれているらしいけど、

まずはそれを見る前に、
4,5年前に見たっきりになっていた三部作から見直しを始めねば!
と思い先日「エピソード4」を見直しました。
以前見たのはDVDじゃなくVHSでだったので、DVD化されたときに新しく
増えている場面が、何箇所かあって(4ですでにジャバがでてたり)
まるで始めてみたかのごとく、その新鮮さ、映像のカンジも
とても20年も前に作られた映画とは思えないぐらい楽しく見れました。
これから5.6.1.2と見てから、夏に映画館に行くつもりです。

格闘話、ミルコとヒョードルっすかぁ
オレはK1ルールならやっぱミルコだろうけど
プライドルールはヒョードルだと思うよ。
場数くぐってるぶん有利なんじゃないかな?
下手するとファーストインパクトで勝負決まりそうな試合だね・・・
1ラウンド決着の可能性大じゃね?

何万もチケット代出して、埼玉アリーナ行って
スッゲー盛り上がって、決勝戦1分で終わったらチョットヘコミかも・・・
まぁ、実際行ったことないから、行ったら行ったでその会場の雰囲気や
間近で見る迫力に感動するかもしれないけど、
とりあえず、テレビでもいいっしょ☆

オレがチケット買ってでも見に行きたい試合は、完全復活した橋本VS三沢っすね。
数年前にドームで小川にボコられてから、IWGPを取られ、新日本を追われ、
ゼロワンを立ち上げ、右肩の傷の悪化、欠場、ゼロワン解散、
とかなりきっつい道のりを歩いてきた橋本がしばらくぶりに帰ってきた
http://www.nikkansports.com/ns/battle/p-bt-tp0-050409-0007.html
俺の中で、正直プロレス界で花のある男ってのは橋本だと思う、
袈裟切りチョプや垂直落下式DDTと水面蹴り、どれも動き自体に花がある
確かに、ガチのプライドとかじゃぁ、プロレスラーっていうのは強くはないかもしれないけれど
俺の中でプロレスを見るって言うのは、橋本や長州、三沢といったような
熱き男たちが、心の咆哮を挙げ、お互いの技を真っ向から受け止め
思いを受け止め、そして戦う花火のような美しさがあるからだ。
橋本!早くプロレル界にでっかい花火打ち上げてくれよ!

posted by Daru at 12:10| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2952156
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。