2005年06月24日

最後の恋のはじめ方

eiga1.jpg
「最後の恋のはじめ方」を観てきました。

知ってる俳優はウィルスミスしかいなかったけど、
そのほうが現実味あって面白かった。
こういう恋愛もので、あまりにも美男美女ぞろいだと
チョット現実離れしちゃってリアル感がぜんぜんなくなっちゃうんだもん。

ストーリーは恋愛指導人のヒッチ(ウィルスミス)が
きっかけがなくて、好きな女の人に思いを伝えられない男をサポート
する話。
もちろんヒッチ自身も恋をし始めるんだけど、
相手はジャーナリストの女の子、そのうちヒッチの職業がバレテ・・・
ってなストーリー。

映画館で大笑いしてしまいました。
みんな恋愛に一生懸命なんだけど、うまくいかなかったり
勘違いしまくっちゃたり。そんな一生懸命な姿が
ほほえましい笑いを誘いますね。

伝えたいことは
恋愛はハートと。
ハートを伝えるのは行動あるのみ。
ってことですね。

こういう映画好き☆
スカッとするね。

俺の中での恋愛感も歴史的にもヒッチと同じ感じだからそう感じるのかもしれないなぁ。
まぁ、言うなれば学生デビューってわけじゃないけど、
高校時代なんかは応援団入ってたし、バリ硬派って感じだったんで
そんなに女の子と話したりなんかしなかったし、
学校自体がそういう男女交流ってなかったもんな・・・
せっかく共学だったのにもったいない・・・

大学入って、仲間と行動し語り合ううちに、そういった硬派きどってる
女性に臆病な自分から脱皮できたんかなぁ。
10月に結婚する彼女に関しては、ガンガンに攻めまくりでしたからなぁ。
凄い成長っすよ。
やっぱ、行動とハートをぶつけて何ぼですよ!
だって、遠くから眺めてるだけじゃ何も伝わらないからね。
宇宙人じゃないからテレパシーは伝わりません!
俺の周りにも多いけど、「あんまり言うと言葉が軽くなるから」って
事を理由に、彼女に対して、なにも誉めてあげないやつもいるし
むしろ、否定して、ある意味ぜんぜん素直に行動できないやつもいるけど
やっぱし、素直に気持ちを伝えたほうがいいし、どんどん言葉で好意を伝えるべき
そこから、さらに深い関係もできるし、
日頃のそういった思いや行動が二人のチョットやそっとの障害も乗り越える力になるから。
そういう意味では、海外のレディーファーストみたいな精神はもっと学ぶべきっすよね
日本経済の更なる発展は女性にかかってると思うよ。
今度、ダイエーの復興を担う事になった林文子氏なんかはその最たる例ではないでしょうか。
家庭の中でも、社会の中でも、女性の力は必要だし
女性の力を最大限引き出せるのは男性。
その逆もしかり。
やっぱりお互いがお互いを向上し合える関係を気づく為には、
お互いが行動や言葉をもって称え愛し合うべきっすね!!
我ながら熱っい文章だなァオイ・・

まぁ、偉そうな事いってますが、既に尻にひかれ感漂ってます・・・

今日も映画中、大爆笑してたら、映画後に「恥ずかしいから”声出さないで笑う”練習してくれ」との事・・・・・・・・
「そんなことしてたら楽しい映画も楽しくなくなっちゃうよっ!!」と言えず
「アハハ」と笑ってごまかしときました・・・

今、見たい映画は「プロポース」って映画
eiga2.jpg

99年ごろの映画なんだけど、
この前、ラジオで紹介しててすごく面白そうでした。

主人公のおじいちゃんは100億円の遺産を持つ超セレブ。
主人公に遺産として、100億譲ってくれるってことになるんだけど
条件がある。
条件は30歳までの誕生日に結婚をすること。
でも、30歳の誕生日って明日なんだけど・・・・
って話。
主人公はとにかく、今まで付き合った女性に片っ端からプロポース
するんだけど、
片っ端から振られるんだよね。
その先の話がすげぇ気になる。

昔付き合ってた女の人達のキャストもすげぇ豪華らしい。

ぜひ見たい映画だね。

あああ、
ドイケンさんからもらった
Musical Baton
・・・・
次はこれをみんなに託す作業をいたしやす☆
posted by Daru at 08:18| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>映画館で大笑いしてしまいました。
みんな恋愛に一生懸命なんだけど、うまくいかなかったり
勘違いしまくっちゃたり。そんな一生懸命な姿が
ほほえましい笑いを誘いますね。

伝えたいことは
恋愛はハートと。
ハートを伝えるのは行動あるのみ。
ってことですね。

もんもん良い事いうねぇ〜
そうだよね!!自分の気持ちを100%伝えてこそだと思うよ。恋愛でも何でも。自分の伝えたい事を伝えるには一生懸命で無我夢中でって姿が人を動かすんだろうね。
ダサくたって、くさくたって本音や本気の気持ちが相手に伝わる事ってとっても大事だよ。

バトンはやってるみたいです。なんだか分からないけど回答してみますよ。
Posted by こぱ at 2005年06月25日 01:25
この映画、とにかく笑えるしスカッとするからお勧めっすよ。
ウィルスミスのカッコよさも「おおっ!」
って思う部分何箇所もあったもんね!
特に、初めてバーでジャーナリストの娘に会うとこ
なんかもかなりかっこいいっすよ!
しびれます!惚れそう!

バトン、無理いってすんませんヨロピク
Posted by Daru at 2005年06月25日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「最後の恋のはじめ方」
Excerpt: ラブコメディの名作がまた一つ増えたと思えるほどすらばしい作品でした。自分では欠点
Weblog: RAKUGAKI
Tracked: 2005-06-24 09:53

『最後の恋のはじめ方』
Excerpt:  ひとつの出会いが、完璧な男を狂わせ始める。  61.5%=ニューヨークで暮らす独身女性の割合。   約240万人ものNY女性が結婚していないという事実。 ■監督 アンディ・テナント ■脚本 ケ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-06-24 12:30

最後の恋のはじめ方 Hitch
Excerpt: 海外出張の飛行機でもう一本観たのが「最後の恋のはじめ方」(原題 Hitch)です。 http://www.sonypictures.jp/movies/hitch/site/ いわゆるラブ..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-06-25 11:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。