2005年07月14日

梟の城 夏のこどもたち

出張はいいね。電車の中で本読み放題だったよ。




icon
icon



司馬遼太郎の初期の作品「梟の城」も完読。
2人の忍者の姿を書いているだけど、いいね!
なんかみんな全体的に忍者ってう影を背負っている。



そんな自分に素直になれない忍者である自分を嫌いであったり好きであったり

人間だれしも持っている自分への虚偽
それを忍術のレベルまでいくと自分が分からなくなってくる。



主人公の重蔵は、忍者なんだけど、どこか人間くさいところもある。


ヒロインとして出てくる、小萩は美しく女らしくかわいくて妖艶。
ライバルの五平は鋭利で利己的でナルシスト。


さらにサブヒロインのこさるは素直真っ直ぐ。


その他、たくさんの忍者がでてくるんだけど
みんな自分の信念に真っ直ぐ生きながらも
非常に人間くさく、実感が湧く。


これを書いた司馬さんは本当に名作家だよね。


長い移動になりそうだったので、
出張中に「梟の城」は読み終わりそうだなと思ったので
もう一冊買いました。




icon
icon



短編集だったので、完読。



この川島誠さんの作品は
他にも「800」や「ロッカー」も読んだけど
本当にみずみずしいし爽やか!



学生達の赤裸々で過激でもあるそんな青春の姿が
常に書かれている。
登場人物達は非常に様々なんだけど、
結構、世の中をクールに見ている子が多い印象。



でも熱くなる時の自然感も出ている。


文体も非常に明確で読みやすい。

夏に読むには最高の本かも。
posted by Daru at 10:45| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
集中読書うらやまし〜
機会があったら川島誠さんの小説読んでみます。
Posted by トラ次郎 at 2005年07月14日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5071908
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

出張の際の『とっておきの情報』
Excerpt: 皆さん、出張は多い方ですか? 中堅リーマンともなるといろんな場面で出張する機会が多くなってきます。 ただでさえ体力的に無理を強いられる出張ですが、せめて財布の中だけには無理させたくないですよね..
Weblog: 中堅リーマンのサポートサイト
Tracked: 2005-07-14 23:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。