2005年07月23日

乙一 GOTH

いやぁ、ここ最近は出張のオンパレードで全然ブログ更新できなかったなぁ。
今日からしばらくは出張もなくなるので、順調に更新できそうです♪

出張で良かったのは、またいろいろと本を読めたことかな。

昨日は「GOTH」


icon
icon

icon
icon



を購入して、読んだ。
まだ最初の巻しか読み終わってないのだけれど、かなりヘビーな感じですね・・・
でも、ただそういうダーティーさだけを売りにしてるってだけじゃないからね
この乙一さんの本ははじめて読んだけど、読ませますね!
ってか、俺の一つ下なんだねこの作者は・・・すげぇ!!
こんだけ作品の世界を作りこめるってホントすごいわ・・・
なんか別世界の出来事で本当に見てきた事を描写してるかのごとく
リアルさが伝わってきますね。
作品中「犬」は俺の中でかなり名作なんじゃないかと思ってます。
これは俺の中でぜんぜん想像つきませんでした・・一挙に乙一ファンになりそうです!

さて、早速今回の角川書店でやっているキャンペーン
大岩ケンヂトランクスの申し込みと
GOTHブックカバーを申し込みしちゃいましたっ♪

後編読むの楽しみになってきた。
寝る前に読んだら怖い夢見そうだけど・・・

しかし、「GOTH」かぁ。。。人間の深遠の闇、理性や道徳で抑えられてるもの
その中にある快楽ってんですか?あるいみ逃避でそういうところにたどり着いてるのか?
ぬぬぅ、この作品はあんまり若いうちに読むのもどうかなぁってカンジもします・・・

俺が中・高学生の時とかにこの本に出会わなくて良かったよ・・
当時、道徳や倫理感に自分なりの統一性とかを見出せてない時に
こういう作品ってすごく過激で新鮮でなんとなくチョット憧れるような部分あるから
クールなかんじがね・・・読んでたら、闇が広がっちゃう可能性ってあるもんね。

最後まで読んでみて、もう一回結論は書こうと思うけど・・

さて、今夜は飲みの誘いとか無ければ、後半読もうっと♪
posted by Daru at 09:38| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(7) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁーこれ気になってました。
ツタヤランキングにのってたっけなー。
かなりダークな内容だったよね、猟奇殺人とかとかとか全部そんな感じだよね。
Daruの言うように若いうちで読んだらやばい内容だと思う。そうでなくても心の状態がよくないときに読むのは危険ですなー。
Posted by こぱ at 2005年07月23日 10:46
確かに・・・
ちょっと体調悪いときや
気分が塞ぎこんでる時に読むと
すげぇヘコむかもしれない・・
内容的にすげぇダーティーな部分もあるけど
基本的には読ませる小説だよね。
その読ませ方ってのは本当にすごいっすわ・・・
是非おすすめ!
Posted by Daru at 2005年07月23日 16:54
初めまして、雑板屋のゆきちと申しますm(__)m
乙一の「GOTH」で即反応してしまうほど、この作品には惚れ込んでいます(笑
Daruさんは活字もお読みになるようで、また是非お邪魔させてくださいね☆
Posted by ゆきち at 2005年07月24日 02:29
こんにちは♪
こういう「GOTH」みたいな作品は
本当に活字でしか出来ない様な事ですよね。
読者の想像力次第で何倍にも面白く
何倍にも怖くなってしまう作品ですね。
また是非きてくださいね。
Posted by Daru at 2005年07月24日 08:21
ブログ設定したよ。
更新するかは内緒…(^^;
Posted by hide at 2005年07月24日 10:04
私中一で読んじゃいましたよ。
・・・ヤバイ?
まだ夜の章だけですけど・・・。
でもまあそんなにグロくなかったような気が。
個人的にお勧めは
「A MASKED BALL」
です!
(グロくない!!)
Posted by みさと at 2005年08月03日 20:47
みさとさん>

おお!中一ですか!
「A MASKED BALL」も乙一さんの作品ですね。
今日は東京出張なので、電車の中で読んでみます。
いずれにしろ、本を読むってことは凄くいいことですね。
想像力の構築に非常に役立ちますもんね♪

こんどは是非僕の章も読んでみてください。

「土」とかグロいっていうか、痛いっすよ・・・
やっぱ殺害とかの描写じゃなく
犯罪者達の精神が一番グロイというか怖いです。
Posted by Daru at 2005年08月04日 07:46
みさと さん>

そーそー
変なことになっちゃったのは
ちゃんとしときましたからね♪
Posted by Daru at 2005年08月04日 07:47
GOTHは僕も呼んでますよ〜〜♪
そういえばこの前本屋に行ったらコミック版も売られてました!
主人公がかっこよくて惚れソw
Posted by 誠弥 at 2005年08月21日 18:36
主人公はクールっすよね。
自分を客観視してるっていうか・・・
自分で自分を怖くならないのかなぁ?
Posted by Daru at 2005年08月24日 16:23
私もGOTH読みました。中1です。
きました、何かが。
メッチャハマりました。
乙一さんは、すごいです。
今、声をよんでます。
それまでの話は全部読みました。
グロさに衝撃&感動
Posted by リリィ at 2005年12月26日 23:06
むむむ!
中1にしてGOTHですか!!
メチャメチャデープな内容っすよね。

俺が中1のころなんかは
こういう乙一のような作家もいなかったし
そういう本の存在も知らなかったから
冒険ものやSFなんかを好んで読んでたかなぁ。

こういった人間の屈折した側面を描いた小説を読むと、なんだか世の中にこんな人々が往々にして存在しているような錯覚にとらわれがちですが、そういうこと考えてるとお外が歩けなくなりそうなので、本当にフィクションとして捉えておきたいなぁっと思ってます。

でもニュースとか見ると飛んでる罪人多いなぁ・・・
犯行の動機がわからないってのが一番怖いっすよね。


中1の時に大感動した映画&小説は
「今を生きる」っていう題名なんだけど、
GOTHで病んだ心を癒すには
まったく反対をいく、こういうお話がお勧めっす!
Posted by Daru at 2005年12月27日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5293510
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「GOTHリストカット事件」 乙一
Excerpt: 乙一氏の著書は以前から好んでよく読んでいる。 この「GOTHリストカット事件」も発売当初から早く入手していた。 にもかかわらず、なかなか読めずにいて読むにはそれなりの勇気が必要だった。なのでしばら..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2005-07-24 02:26

「GOTH」乙一
Excerpt: GOTHposted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 8乙一角川書店 (2002.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る もうすぐ文庫が出ます..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2005-07-24 19:17

乙一『GOTH 僕の章』 …危険な問題作!!!
Excerpt: これは大問題作!!! 『夜の章』を読みきった時は、まあ、どこにでもよくあるミステリー、ってカンジだったけど、「僕の章」は危険極まりない! 乙一、こんなの出していいのー? ってカンジがした。 乙一..
Weblog: : : FLMAX Cafe : :
Tracked: 2005-08-05 11:59

読み物ジャンキー
Excerpt: いつからこんなに本を読むのが好きになってしまったのだろうか。 通勤電車の中、昼休み、就寝前、少し時間があくだけで読み物を欲してしまう。 時には夢の中でまで小説を読んでいることがある。 一冊を読み終えて..
Weblog: お気楽極楽ブログ
Tracked: 2005-08-20 12:44

GOTH<乙一>−本を読んだ(今年62冊目)−
Excerpt: 角川書店 ; ISBN: 4048733907 ; (2002/07) 評価:78点(100点満点) 人間の心の奥に潜む闇の部分を極端にクローズアップし、そこにミステリを絡めたどぎつい短編..
Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
Tracked: 2005-10-10 00:22

GOTH・・・・・・・・・
Excerpt: GOTH 夜の章GOTH 僕の章 乙一作品ならまずこれって言われた 「GOTH」 やっと読みました 映画版「ZOO」、そして「暗いところで待ち合わせ」ときて この作品です
Weblog: サクっと
Tracked: 2006-02-08 18:56

GOTH 乙一
Excerpt: GOTH―リストカット事件 この本は 「ちょっくら読書1000冊目指してみようか。」の常陸さん 「のほほんめがね君の趣味の時間。」のこぐれかねとさん にオススメいただきました。 ありがと..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-12-24 15:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。