2005年10月20日

平面いぬ。 乙一


icon
icon



「石ノ目」
「はじめ」
「BLUE」
「平面いぬ」

の4つの短編集

「石ノ目」

は、メデューサみたいな女が山に住む、そんな女の家に迷い込んでしまった2人の男達の物語

「はじめ」

は、空想の中の少女が、自分たちにだけ実在するかのようになってしまった2人の少年の物語


「BLUE」

は、心をもった5体のぬいぐるみ、王子、王女、騎士、白馬、それと、余った生地で作られたブルーの物語


「平面いぬ」

は、ひょんなことから彫った刺青の犬が動く?そんなとき家族の大病が次々と発覚・・・


というような4つの物語りからできています。


個人的に好きな物語は
3番目に入っている「BLUE」ですね。
少し怖いようでもあり、メルヘンでもあり、
子供が少し大きくなってきたら、読ませてもいいかな?
というような内容ですね。

あとは、「はじめ」なんかもすごく好きな物語ですね。
透明感があって、素敵な話です。
なんだか、小学生当時のそんな大した事じゃないことでも
大事件になったり、興奮したり、楽しかったり
そういう気持ちを思い出させてくれる作品でもあります。


さすがに、他の2作品はちょっと刺激ある部分もあるんで
中学生以上じゃないと読ませられないかなぁ?

でも、どの話も、乙一さんの幅の広さみたいなのを感じさせてくれますよ。

なんだか、「GOTH」とはまた違ってるような、底に流れるセンスは
一緒のような、不思議な作家さんですよね。
posted by Daru at 10:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8373955
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。