2008年08月09日

五輪開幕

五輪開幕ですね!
そしてグルジア空襲戦争勃発ですね!

世界中がお祝いムード?の中
ロシアは思いっきり御家騒動勃発!


日本のメディアであまり報道しないところが逆に怖いっす


空爆する航空機戦力がグルジアは全部で33機らしいから
すぐにロシアに鎮圧されるだろうけど
鎮圧が民族間の問題を解決するわけじゃないからね


その中国も「五輪開催」っていうストッパーがなくなったら
チベットやウイグルに対して、外交に対しても
急速に攻撃的になりそうでなんだか怖いですね。



サブプライム問題でガタガタのアメリカが国民感情を外に向ける
お決まりのパターンに突入しないでくれと
切に望みます。

posted by Daru at 17:01| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

打ちっぱなし

08-08-05_001.jpg
先週から義弟と毎週火曜日はプールとゴルフの打ちっぱなしを交互に通うことにしました。


まぁ、いつまで続くかはわからないけど、週一回でも体を動かす時間を作ってみるとなかなかのストレス発散になりますね
posted by Daru at 20:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベヘリット?

200808041505000.jpg
昨日、嫁さんがみつけた茄子〓
まるでベヘリットのようにリアルに人面っす〓
間近で見るとなんだか怖い〓
食べるのもったいない〓
ってか微妙にお鼻の部分は食べたくない〓
posted by Daru at 11:25| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

もうすぐ終戦記念日ですね。

先日、85歳で元気に車を運転しているお爺さんと
なんだかすっかり話し込んでしまった。

話してるうちに、近隣の2000人規模の会社の元社長さんだったと聞いて
なるほど、年齢よりもずっと若く矍鑠としていることに納得。


そのうち、二十歳の時戦地へ赴いき、帰国してくるまでのお話を聞かせてもらいました。


だんだんとこういったお話を聞かせてくれる人たちが減ってきているなかで
非常に貴重な体験をさせていただいたなと思いました。


うちの娘がそういう話が分かるころには
実体験を語ってくれる人々はほとんどいなくなってしまうということを考えると
今、俺達の世代が、周囲のそういった人々の話を聞ける機会があれば
それをいつかは次の世代に語り継いでいかなければならないんだろうなと
思っています。


さる事情でその方は
戦後の戦後処理も戦地でしてきたようですが
俺の想像していた戦後処理の風景よりも
なんとなく世界を平和に向かって進めようとする
敵方、味方の調和を若干感じることが出来ました。


戦地へ赴く際に、
「輸送船4隻に護衛の駆逐艦1隻だったから
前を守ると後ろががら空き
後ろを守ると前ががら空き
というなか武器と兵員満載の輸送船が
無事上陸できたのは2隻だったよ
俺は運が良かった」
なんてすごく生々しいお話でした。


当時の陸軍や国策に賛否両論あれども
そういう思いをしながら御国のためと
戦地に赴き散っていった先祖達に感謝をするような教育を
本当はしていかなきゃならないとつくづく思います。


別に軍事教育をしろってわけじゃないけど
日本の歴史とそれに散っていった人々がいるから
今の生活があるんだよ
せっかく受け継いだ、夢を大事に大切に
祖先に恥じない国家にしていかなきゃね

っていうような教育ってやっぱり大事ですよね。

過度にそうなっても、いろんな揉め事の発端にもなりかねないけど
心の内に留めて置けるような、そんな教育や社会風土が理想的ですね。


その爺さんも
「こういう話をしても分かる人、聞いてくれる人はほとんどいないよね」
と話してたように
そういう話の大切さすら心の中で薄れていってるのかなぁ?と
少し寂しい気持ちになりましたよ。
posted by Daru at 11:24| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

崖の上のポニョ

昨日はお休みで崖の上のポニョを観た。

以前、ニュースで

 試写を見た映画評論家やベテランライターの評価は割れた。辛口意見から拾ってみる。



 「自然破壊や道徳、反戦を真正面から扱った直近の3作と比べると、愛と約束を守るというテーマは重要だが地味すぎる」「海が舞台の割にはスケール感がなく、高揚感も今ひとつ」「刺激に慣れた子供たちは同じ日に公開の『ポケモン』に足が向くのでは」



 実は当の宮崎監督も、「試写で作品を見た子供たちの反応が全く無く、『子供たちのために作ろうとしたのに空振りだったのか』と落ち込んだ」ともらしている。

という内容の記事を読んでいたし


前田さんの評論
も辛口だったし

なので
あまり期待はしてなかったんだけど
嫁さんが観たがっていたので観てみました。



確かに非常に素朴で今のポケモンとか好きな子供たちにはあまり
響くものがないかもしれないけど
ゲームの「僕の夏休み」をやっているときのあの感覚
ほのぼの感というか、大人の求める子供の無邪気さのような
そんなものが映画全体に漂っていて


エンディングの方は、話自体はぜんぜん悲しい話でもないのに
なんだか凄く悲しい気分になっていってしまいました。


宮崎監督って凄くやさしい人なんだなぁ
というのがこの映画観ると良く分かります。
そして、監督の悲しみも何故か伝わってくる映画です。


内容に触れちゃうから
これから観る予定のひとはこの先は読まないで欲しいけど


前半で車椅子に乗っていたおばあちゃん達が
終盤で車椅子から降りて、走ったり山に登ったり
みんなニコニコ笑ってるのに、逆に悲しい気持ちになります。

停電した老人ホームだったり、
暗いトンネルの中でポニョの魔法の効力が切れちゃったり
確かに死や天国?ユートピア?を連想させるような描写が結構あって
それが故に物悲しい気持ちにさせるのかもしれないですね。


これだけ、死というものを柔らかに描けるというのも
宮崎監督の優しさと受容の現れなのかなぁと
ぎゃくに監督の健康状態すら心配しちゃいます。


物悲しくも涼やかでなかなか良い映画でした。

posted by Daru at 11:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

三国志占い

3goku.gif

占いの結果貴殿は朝臣タイプでござった!

知力と魅力が高いあなたは朝臣タイプでござる。崇高な理想を抱きつつも現実をしっかりと見据えている事でござろう。ただ既成概念に縛られ過ぎるところがありそうですぞ。人の話をよく聞き柔軟な思考を持つ事を心がけて下され。

貴殿が向いている職業:バイヤー、教師


友達のブログjにあったので早速占い。

うーむ
結構面白い占いでした。

場所は
「三国志占い」

より

教師orバイヤーか
なるほど

武力&政治力低!



posted by Daru at 11:14| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙人?

今日はこんなニュースが


「米国政府は宇宙人存在隠ぺい」 元宇宙飛行士「暴露」騒動拡大

いやー
いいっすね


なんか久々にワクワクするニュース

77才にしてこういう発言が出来るってのは
なんだかすごく気持ちがいい事です。


確立の問題でいったら
宇宙生命体は間違いなく存在するだろうけど
銀河系の中に、地球人と交信を行えるほどの
存在があるかどうかは微妙ですね。


だいたい、地球人同士ですらこれだけの違いがあるのに
地球外生命体としたら、その存在すら、人間に視認できるかすら微妙です。



ともあれ、そういう存在を夢想することの喜びや
こういった発言による夢の広がりは無償にワクワクさせてくれますね。

posted by Daru at 10:33| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

出会い

営業は商品知識じゃない
コネクションで売れ!


先日、ある会合での懇親会で
そんなお言葉を
なるほど
含蓄がありますね。
posted by Daru at 09:19| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

勇気あるモノ

ああいう地区であれだけの豪腕を
傷だらけになりながら振るっている
橋本知事は賛否両論あれ
勇気は凄い!


1福祉充実

2福祉を公正に

3福祉を管理する役所の部署

4人件費増大&公費増大

5借金増える

6夕張

7福祉なくなる


上のような連鎖考えずに
福祉!福祉!
って選挙してるやからは
とんでもないっす。

特に福祉は一度作ったら
恩恵を受ける階級が出来るだけ
ものすごく辞めにくくなるってことだし
そういうことを考えずに福祉を充実して
将来的に借金まみれになるとは
なんだか借金返す気がない人々のようです。


もしかしたら、日本はこのままインフレを狙って
借金帳消しを考えてるのかもしれないですが
戦後のように物価が500倍になったりしたら


借金のある人は借金帳消し
貯金のある人は貯金なくなる


努力してかなきゃいけない人は努力しなくてよくなる
努力してきた人は努力が無駄になる


おお
ほんとにモラルハザード起きそうですよ。


そのときの政府の話は
「そうしないと日本の存続が危ぶまれる」
みたいな事を言うのでしょうか?


結果的に外交・政治的に努力して
やむを得ず増えた国債ならいざ知らず
このまま低金利が続くはずもなく
年を追うごとに金利だけでもウン億円という
恐ろしい借金地獄に突入しようというのに
国債を減らそうともせずバンバン切りまくる
ああ、そのうち日本の国債買う人いなくなっちゃうんじゃないかと
自転車操業のようでハラハラしますね。


あれだけ議会でやんや言われても
18億も圧縮した橋下知事の豪腕は
真剣に真面目に大阪の将来を見つめた結果じゃないかと思います。


大阪の子供たちが胸をはって生活できる環境作り
それは、そういう姿をまず大人たちが見せていくこと
それが一番の教育じゃないかとも思います。


どうも教育予算、教育改革と言っても
自分たち大人が変わろうというような動きよりも
決まりや計画、大人のつごうで子供を動かそうとする
そういうなんだかねっとりしたものを感じますが
子供が子供らしく進んで勉学に勤しむ社会を形成するには
大人がそれこそ高い意識を共有して
政治に関心を持つということ
地域社会を引き上げていくということが重要かと思います。



最後に、先日の文章のなかから

四国を訪れて
その維新の志士達の輩出された土壌から
なるほどと思った点

1 みなある程度裕福な環境に育っている

2 本人一人が傑出していたわけではない
  良き両親・良き教師・良き同輩に囲まれていた

3 みな勤勉であった

4 大刀を帯び、心身を鍛えていた


まさに命がけの時代
体を投げ出し
みな30そこそこの若さで日本を動かした志士達の時代
老人や壮年の知では敵わぬ、剣を心と体で振るっていた時代だったんでしょうね。


本当の日本再生は
そういう世代に元気と希望を与えることが
老人や壮年が自分の地位に固執せず
譲り影がら助ける
そういう知あるものが知を授け
剣あるものが前面で剣を振るう
そういう政治・外交が出来ていくことかもしれないですね。


そしてそういう政治や外交の中でこそ
日本の誇り
元気も湧き出てくるのではないかと思います。

posted by Daru at 09:53| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

温故知新

最近はなにかとご年配の方のご意見を聞く機会が多くなってきました。

先日も、この度、長く市議会議員を務めていらっしゃった方の文章を
読む機会があったのですが、非常に分かり易く、且つ
選挙民である我々に媚びのない
読んでいて気持ちの良い文章でした。

内容も、歴史から最近の世事までを広く含んだもので
楽しいものでした。


お会いした事もある方なのですが
あの穏やかな風貌からこのような峻烈な文章が出てくるのかと思うと
歳を重ねた人物の厚みをも感じることができましたね。


自分たちの住む町の政治のことから
現在の国政、そして私たち選挙民へ向けて
気持ちの良い叱咤の含まれた文章でした。


読んで、頭に残ったようなことをつらつらと・・・


まず、はっとしたのは

若者は剣をとれ
との文題の項目でした。

うーん
過激。


まぁ、内容としては別にホントに剣をとれってわけじゃなくて
文では中年や壮年の人々に勝ることは若年者は
なかなか大変だろうから
剣をとって命がけの気持ちで行動という剣を振るってもらいたいと
明治維新の志士達を引き合いに出しながら
の文でした。

良く勉学に励んで、他人のせいにせず
一本立ちして
政治に目を向け
役人や国に依存せず

本当にあたりまえのことを
書いてはいるのですが
そういう事をいう政治家すら
ほんと最近はテレビで見ません。


福祉は手厚く
税金は安く
戦争や暴力はダメだから軍隊は持たず
公費節減


選挙民の耳に甘い蜜を流し込むかのごとく
聞えのいい話なんだけど
肝心な事はほとんど話し合われてないてのが
かなりしょーもないっす。


竹島問題や北の原爆にしたって
ふつーの国なら
相当な一大事だろーに
なんだかそんなに熱い議論がされないのは
そういうことに国民の関心が内容に思われてるのだろーか?


でも、ニュースや新聞なんかも
ほんとにワイドショーのような感じになってきて
人の嫉妬心や満足感を満たすような報道が多くなる一方
本当に問題にしなきゃいけないような内容は
あまり重要にされてない感じです。


そういう情報環境が国民に重要なことを
あまり重要に考えさせずに
重要でないことを重要と考えさせるように
なんかそういう恐ろしい意図すらあるんじゃないかと思っちまいますね。


普段、お仕事のなかでは
政治や宗教そういう話はタブーなので
ほとんど日常はそういう話をすることはないけれど
ほんとはそういう話ってちょー重要ですね。
むしろ社会人になる前の方がそういう話を
自由に話せてたかも知れないですね。
posted by Daru at 11:03| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

那須旅行。

先週は一族で父親の還暦祝いを兼ねて
那須に一泊旅行に行ってきました。


特に何をしたというわけでもないけれど
両親、妹夫婦と甥、我が家3人と計8人で
なかなかの大所帯。


みんなで食事したり
りんどう湖を散歩したりで
本当にたいしたことしてないのに
みんな元気に旅行できたことに
非常に幸福を感じました。


なんか、そういうことに幸せを感じられることが
非常に幸せですね。
妹も、かぁちゃんも同じような感想を言ってたので
予定が決まるまでは何かと段取りが面倒だったけど
ほんとに、行ってよかった。


9月には妹夫婦に娘が生まれる予定
なので
来年の4月あたりには
計9人で母の還暦祝いの旅行に行ければいいなと
楽しみにしています。
posted by Daru at 14:15| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

お中元の季節ですね。

ってことで、ここ何日かはお中元配りをしておりました。

うーむ
普段はあまりゆっくりお話できないお客さまとも
「あがってお茶飲んで行ってよ」
の一言で
ずいぶんいろいろなお話を聞かせていただけるので
一年にお中元とお歳暮の季節は
そういった意味でも良い風習ですね。


昨日言ったお客さまのところは
すでに70過ぎの方なのですが
その地区の地区長やらなんやらやっていた方で
いやー
なかなか含蓄のあるお話をたっぷりしていただけて
良かったですよ。
へたな講演より面白かったですね。


まぁ、さすがに親父のお知り合いなだけあって
学生時代のお話はずいぶんトッポイ感じだったんだろーなーと
思わせてもらいましたけど
そういう経験がその後の様々な人間関係においても
いろんな教訓をもたらしてくれたようですね。


なかでも
「分かっていても3割騙されたフリするのも礼儀ってなもんだ」
「議論をするときは相手にガス抜きさせてから」
など
非常に実体験を踏まえた分かり易いお話でしたね。


とにかく、気持ちの良い爺さんで
竹を割ったような性格ってああいう人のことなんだろうと
思いました。

 

まぁ、自分の歳の半分もいってないような
若輩にああいった話をしてもらえたのは
非常にありがたいことです。


そういうお客さまや人間関係を作ってきた
両親や先祖に感謝ですね。

posted by Daru at 09:40| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

ガソリン高っ!

ガソリン昨日から値上げを受けて
自転車が品薄になるくらいバカ売れのようです。


それに伴い、ローンで数十万の自転車を買う人もずいぶん増えたとか
今日きた、ローン会社の営業が話しておりました。


ウーン

やっぱり、なにか社会の動きがあると
儲からなくなるところと
逆に今まであまり儲からなかったところが
突然、儲かりだしたり
世の中わからんもんですね。


そう考えると
今ある仕事をたんたんと楽しみながらこなすというのも
いいもんかもしれんですね。


最近は仕事しててもバイオレンスな話があまりなくて
平和なもんです。
こういうときは英気を養うに限りますね。


久しくそういう局面に接してないと
対応力が鈍るような気もしないでもないですが

まぁ、無いにこしたことないっす
出来ればずっと無きゃいいとも思いますが
そういうわけにもいかんでしょうね。

危機管理
してても隙はでるでしょうからね。

一人でやってるわけじゃないんでしゃーないっちゃしゃーない
だいたいどんな事でもなるようになるし
なんとかなるもんだ。
posted by Daru at 18:14| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

なんやかんや

なんだか今週はスカッと始まりました。

理由は良く分からないけどスカッ!


まぁ、仕事してりゃぁ
生活してりゃぁ
チョイチョイ大小のトラブルやら
面倒なこともあるんですが

最近思うのは
関連してる物事を
「それも良いもんだ」
とプラスの存在として捉えるってことですね。

言うほど簡単でもなんだけど
そう考えようと思うだけで
自己暗示のごとく
なにごとも非常に肯定的に捉えられるように感じすね。


最近はなるべく生活に運動を取り入れるようにしたからでしょうか
そういうことに無理を感じなく思います。

体と心ってリンクしてるんでしょうね。

昔から言われてることだけど
自ら身をもって体験すると
実感がわきますね。


まぁ、運動といっても、散歩したり、少し泳いだりですが
非常に体の健康を取り戻すにしたがって
精神面での健康も増しているように感じます。


20代のころは
そういうことを考えなくても
体も若く健康で、自然に運動もしていたし
精神的にもストレスになるようなものがほとんどなかった状態だったように
思いますが


30代に入り、仕事に力が傾向するに従い
運動をしなくなり、体が老いていき、不健康になるという
知らず知らずに、20代のころと比べると
驚くほどの負のスパイラルになっていることに
先日の病気を気に最実感。


いやー
とにかく
昨夜の雨から一転
今日は天気も良く
非常にスカッとした1日ですね。
posted by Daru at 16:40| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

一ヶ月

この一ヶ月は、実家に就職以来初めての長期休暇をとってしまい

長いゴールデンウィークとなってしまいました。

事の始まりは、嫁さんの実家に行っていたゴールデンウィーク真っ只中の朝

シャワーの水がジャバジャバ右目に入る。

うがいをすると水が漏れる・・・


なんだ?

おかしいぞ?

と思い、鏡を見ると、右側の顔がまったく動かない。。。


メチャメチャ怖くなって、すぐに救急外来に駆け込みました。

右顔面麻痺ってことで、治療に約一ヶ月、現在だいぶ回復し

現在は仕事復帰しましたが、

「治らなかったらどうするか?後遺症とか?治療に長期間かかるか?」

とかそうとうネガティブなことも考えちゃったし

会社や家族にも相当迷惑かけたなと思います。



そんな中にあって、この5月6月はお客さんや取引先、などで

俺の事をいつも可愛がってくれていた人たちが

次々と亡くなってしまいました。

なかには俺と3つぐらいしか歳の違わない人もいて

すごく寂しい気分になりました。



30歳という歳を向かえて

20代のときの無理が利かなくなっているのか

自分の心と体とを見つめなおすいい時間だったとおもい

最近は少し、ここ2・3年まったく疎かにしていた運動を始めました。



また、療養中には読書をする時間がたっぷりあり

「グイン・サーガ」という

全100巻以上の大長編ファンタジー小説を読み始まりました。

なかなか登場人物たちも魅力的で、またそのなかの人物たちの葛藤も

非常に参考になる部分もあり、

療養中に読むには最適だなと思われました。



これから長い人生、自分の体を鍛えながら

かつ無理をせずに

力を抜きながらやっていこうと

非常にいい経験が出来ました♪



それと、娘と長い時間一緒に過ごせたのも非常にいい機会でした。
posted by Daru at 11:39| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

おくいぞめ完了

今日は、生後100日目のおくいぞめで
赤飯を食べさせました。
すぐ吐き出したけども
なんだか日本の文化に触れた気分ですね。

娘が大きくなるにしたがい
夫婦間の子育てに関する考え方の違いだけではなく
お互いの両親の意見まで
その中に入ってくるので
相当、お互いにコミニケーションをとっていないと
些細なことで気まずい雰囲気になりかねないっすね。

まぁ、それも含めて
人生勉強なんでしょうね。



先日、ガンダム00のファーストシリーズが終了しました。

相変わらずガンダムシリーズは
なぜ人間は戦わなければならないのか?
戦争という中にある苦悩や矛盾などを掘り下げて
とても少年少女向けに作られたアニメとは思えないような
ディープなシーンが多々ありました。

posted by Daru at 14:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

風邪

ついに生後三ヶ月の娘と嫁が里帰りからこちらに帰ってきました。


ところが、翌日から早速の風邪。


今日で1週間になります。


産後で嫁さんの体力もかなり無くなっているようで
結婚後、今までほとんど風邪らしい風邪をひいたことのない嫁が
これだけ体調が回復しないのは見ていてかわいそうですね。

それ以上に生後三ヶ月にしてこんな風邪ひいてしまった娘は
毎朝、コンコン咳をしてかわいそうになってしまいます。


今日などは天気も良くなって
少し快方に向かってくれれば
家族3人でお散歩に出かけられる日も近づくかなと思っています。

まぁ、とにかく
みなさんも
季節の変わり目
風邪などひかぬよう。



先日、マクロスフロンティアというマクロスの最新作が放送はじまりました。

ひさびさのマクロスの世界観。
かっちょいいっすね。
posted by Daru at 15:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

昨夜は久々に夢を見ました。

大学の授業の出席日数が足りなくて
卒業できないっちゅー夢でした。

うーん

確かに10年近く
出席はしてないわけだが・・・

相当ストレスの溜まる夢でした。

なぜがそういう夢なのに
嫁さんに怒られる!
なんて思ってたりした
すげー矛盾してるんだけどね。

まぁ何にしても夢で良かったっすよ
posted by Daru at 10:06| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

誕生

遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

今年は新年早々、1月12日に娘が無事誕生しました。

今年の初めまで逆子でしたが、なんと
今年に入り逆子が治り
無事、自然分娩で安産で生まれてくれました。
立会いできて興奮し感動しましたよ。

今年はよりいっそう気合を入れてがんばりたいと思っています。
posted by Daru at 10:37| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

無線LAN内蔵SDカード?

おお!

日本では未発売ながら
とんでもない製品がでたよ

ブログやってる人なんかは
かなりいいんじゃないかな?

商売してるひとだって
お店の在庫状況、商品のアップが
飛躍的に楽になりそうな

無線LAN内蔵のSDカードが出たそうな。

Eye-Fi


これはいいね。
ほしいね。
買っちゃうかねぇ。

 
 
posted by Daru at 14:15| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。